Column 睡眠のおはなし

子どもの眠る力を最大限に引き出す「睡眠のベース」とは?

睡眠のベースとは。

 

夜泣き解決を考えるとネントレ!

と考えてしまいますが、まずは、眠れない(起きてしまう)原因や今のお子さまの「眠る力」を発揮するために邪魔している要因を取り除きましょう。

  • 夜中に泣き止まない。
  • 寝かせようとするとギャン泣き。
  • 1~2時間毎に起きて泣く

など、いろいろなタイプの「夜泣き」がありますが、その原因はたくさんあり、ほとんどの場合、いろいろな原因が複合しています。

<夜泣きの原因>

  1. 身体的な不快(暑い、寒い、空腹、体調不良、お布団が心地よくないなど)
  2. 精神的な不快(眠気に慣れていない、「眠る時間」を受け入れていない)
  3. 疲れすぎて②の状態になっている
  4. 体内時計が整っていない
  5. 入眠(寝落ちるとき)に特定の物や行動が必要

さて、上の項目のうち、お子さまの夜泣きの原因として思い当たることはありますか?

これらを改善していくために、まずは「睡眠のベース」を整えましょう。

それだけでお悩みが改善することもとても多いですよ。

睡眠のベース

身体的な要因

[環境の準備]

寝室の室温湿度と新鮮な空気
→ 冬:半袖下着+長袖パジャマ+スリーパー。室温:18〜22℃。(温めすぎに注意!)
夏:半袖下着+半袖パジャマ(薄手スリーパー)室温24℃以下
湿度:40~50%

明るさ
→ 寝室は暗くなるように最大の努力を。光源が直接目に入ったり天井の豆電球はNG。
    使うなら足元の暖色のナイトライトを明るさを調整(明るい場合は遮るものを。)


→ うるさ過ぎず静か過ぎず。が入眠や睡眠を安定させます。きょうだいや大人の生活音、逆に静かすぎて落ち着かない時は、ホワイトノイズ(環境音)

●寝具
→1歳までは乳幼児突然死症候群のリスクを下げるため、枕、掛布団、ミトン、などは一切使いません。ベッドバンパーやぬいぐるみも取り除きましょう
赤ちゃんの寝具は「スリーパー」です。

[健康]

●体調不良、痒みなどの不快感を軽減、治す。
(医学的な介入が必要と思われる場合は必ず受診を!)

[栄養]

●日中、月齢に合った、カロリー、栄養と水分をしっかり摂る。日中に摂れなかった分だけ夜とるように。(適切な夜間授乳ミルクの回数)

[日中のスケジュール]

●適切なお昼寝の回数・長さをとれるスケジュールを。慢性的な寝不足、眠くなりすぎたり眠気のピークを過ぎた時間の寝かしつけは、睡眠を不安定にします。

[体内時計]

●体内時計を子どもの生活のリズムに合わせるよう。夜の睡眠は10時間以上なるように、早寝早起きを。

●朝は決まった時間に太陽の光を部屋に入れ、夜は日暮れごろから暖色の暗い照明で過ごしましょう。

●夜中の授乳ミルクは必要最小限に。起きたらしっかり栄養補給をして消化器からも体内時計を調整。

●日中はできるだけ活発に。夕方以降はゆったり過ごしましょう。

精神的な要因

[ルーティーン]

●寝かしつけのルーティーンを定着させる。
→毎日同じ時間に同じ流れで入眠。入眠へ心身ともに準備を整えます。
低月齢から短いルーティーンを取り入れましょう。

[日中の刺激]

●日中の刺激や、心の揺れが大きかった日は、ルーティーンを長めに。寝室で親子でゆったり気持ちを落ち着ける時間を持ちましょう。

●親子ともに心配事がある時は、お話したり紙に書いたり。一度頭の中から取り出して、なるべく穏やかに。

●素肌の触れ合いが、オキシトシンの分泌を促進し気持ちを安定させます。ほっぺをくっつけあったり、背中やお腹を優しくなでたりくすぐったり。