Column 睡眠のおはなし

赤ちゃんのお昼寝~月齢別お昼寝の回数と長さ。

日中のスケジュールを安定させることの大切さが広く認識されるようになってきた気がします。

でも逆に、お昼寝についてのお悩みも多くなってきました。

お昼寝の始まる時間が定まらない(わからない)

お昼寝が短い。長く寝るにはどうすればいいの?

寝ぐずりがひどい etc…

まずは、お昼寝についての基本を解説したいと思います。

乳幼児のお昼寝

お昼寝はなぜ必要?

睡眠は体内時計(日中は活動・夜は休息)とホメオスタシス(睡眠圧が高まるとそれを解消する仕組み)
でコントロールされています。

体内時計については、過去の記事で解説しましたね。
(過去の睡眠のお話:「体内時計とは?」

ホメオスタシスは例えると、

砂時計のように眠気がたまっていくイメージです。
起きた時間から起きている時間に比例してどんどん眠気(睡眠圧)が高まって最後は寝ずにはいられなくなります。

赤ちゃんはこの眠気がたまるまでにかかる時間が短く日中も何度も眠ります。

お昼寝しないとどうなる?

ホメオスタシスの作用で、眠気がどんどんたまると体はどんどん「眠ろう」とする力が強くなります。

それなのに、眠れず、睡眠不足で疲れすぎの状態になってくると、

『眠くても眠れない状態=安全ではない状態』

とストレスを感じ始め大脳辺縁系の偏桃体が活性して、負の情動(泣き)が大きくなります。

「負の情動」を抑える理性の大脳の前頭前野は、赤ちゃんはもともと未熟なうえ、眠くなると活性を失いますので、こうなるとイライラばかりでギャン泣き。落ち着けずますます眠りづらくなってしまうという悪循環に。

これが寝ぐずりです。

さらに、お昼寝が足りないまま疲れすぎの状態で夜の就寝になれば、脳が穏やかになれず夜中も起きたり、泣きが強くなったり…ということに。

●お昼寝不足の悪影響

  1. 寝ぐずり
  2. 一回の睡眠持続時間が短くなる
  3. 早朝起き
  4. 抱っこや授乳など親の介入なしで眠りづらくなる
    など…。

月齢別のお昼寝の回数の目安

お昼寝は睡眠サイクルがもともと短く生後8か月頃まではお昼寝の長さは短いこともよくあります。

生後8か月頃までは、

✔お昼寝は長さよりも必要な回数(以上)が取れているか

✔1日のお昼寝はトータル2時間以上

が大切です。

●新生児~3ヶ月 3回以上
●生後3~5ヶ月 3~4回(それ以上でもOK)
●生後6~8ヶ月 3回
●生後9~15ヶ月 2回
●生後1歳3か月~4歳 1回

※お昼寝の回数が減る「移行期」はお昼寝が多い日と少ない日があります。

生後8ヶ月をすぎたら、

✔少なくとも1回は1時間以上のお昼寝ができること。

✔1日のトータルの長さは夜の睡眠の長さによりますが2時間あればOK。

✔毎日お昼寝もほぼ同じスケジュールで過ごすこと

が大切になります。

お昼寝が短い時の対策

まずは、お昼寝の長さは気にしない。
寝ぐずりさせないタイミングを見つけることが大切!
でも、長く眠る準備をしておくのはとっても重要!

●お昼寝の長さの考え方

生後3~7か月
お昼寝の長さは気にしなくていいですよ。
(というより、長くしようとしてもなかなかうまくいかないかもしれません。)

トントンなどして再眠できるようならさせてあげましょう。
トントンなどしても再眠できないようなら切り上げ、しっかり遊んでまた次のタイミングで寝かせてあげてくださね。

生後8か月以

活動時間も長くなり、お昼寝も1時間以上安定してできるようになる時期です。
お昼寝が早く終わったら…就寝時間を早めましょう。

お昼寝を長くする準備

  1. 眠りやすい(再眠しやすい)環境を整える
  2. 寝ぐずりする前に寝かしつけを始め、眠る環境を準備する
  3. 睡眠サイクルが浅くなった時に再度眠るために、お布団に寝た状態で寝落ちさせる。
  4. 泣いて起きてもすぐに抱き上げず、眠気を感じたら再入眠するチャンスを残しておく。

など。

しっかりお昼寝ができたり、眠いタイミングがわかっていれば、起きている時間のぐずりは本当に少なくなりますよ。

寝かしつけの習慣を変える時、ネントレを始める時も「眠いタイミング」がわかっているだけで、
お子さんも新しい習慣を受け入れやすくなります★

 

お昼寝のタイミングや活動時間・寝かしつけ方法に困ったら、

●スケジュール診断

●各種ご相談プラン

をご利用ください★

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email