Column 睡眠のおはなし

睡眠退行期①~生後3~4ヶ月

赤ちゃん、子どもたちはほんとに毎日すごいスピードで発達成長しています。
身長体重、運動能力、精神的な発達。

育児をしているとそのスピードに驚きますよね。

もちろん、同じスピードで睡眠もどんどん変化していきますよ。

睡眠の発達は「脳」の発達といってもいいくらいです。

 

その急成長の節目節目で、睡眠が変化する目安があるので、
それを知っておくと、少し落ち着いて対処できるかもしれません。

睡眠退行期は2歳までに6あるといわれています。
※お子さんの発達によって変わりますので月齢は目安です。

  1. 生後3ヶ月
  2. 生後6ヶ月
  3. 生後9ヶ月
  4. 生後1歳
  5. 生後18か月
  6. 生後24か月

今日は「睡眠退行期①生後3~4ヶ月の退行期」についてご紹介します。

生後3ヶ月~4ヶ月の退行期まとめ

生後3~4ヶ月の退行の特徴

□比較的まとまって寝ていたお昼寝や夜の睡眠が短くなる。
(お昼寝が30分で終わってしまう!など)

□寝ぐずりが酷く、お布団で寝てくれない。

□昼夜、寝付いても短時間で声を上げ眠りが浅くなったように感じる。

□日中や眠る前などぐずる時間が多くなる。

生後3~4ヶ月の退行の理由

①睡眠サイクルができ始める。

それまで、浅い眠りを繰り返していた赤ちゃん。
睡眠が深い睡眠と浅い睡眠を順番に繰り返し始めます。

新生児は浅い眠り(REM睡眠)が睡眠の50%を占めますが、
これから3歳ごろに向けてREM睡眠が25~30%に減っていき
大人に近くなっていきます。

 

ただし、睡眠サイクルはまだまだ不安定。
一回のサイクルは、
お昼寝では、30~40分。
夜では、50分程度
と短いもの。

サイクルが1周して深い睡眠が終わり、
浅い睡眠のところで覚醒してしまうことが多くなります。

また、深い睡眠もありますが、
浅い睡眠も何度も出てきて寝言泣きが一定時間おきに。
睡眠が浅くなったような感じがするかもしれません。

<対策>
✔お昼寝を長くしようと頑張りすぎず
こまめに寝かせてあげましょう。

✔長く寝るからといって抱きっぱなしにせず、
1日何回かは布団で眠る習慣をつけるようしましょう。

②大脳辺縁系の急発達(敏感期)

この頃から、脳の感情(不快、気持ちいいなど)を感じて表現する
大脳辺縁系が急速に発達して自分に起こっていることに対して
敏感に反応できるようになります。

「眠気」を「不快」と感じたり、近くに家族がいなくて不安になったり、
眠いのに眠れる環境にないと、泣いて自分の気持ちを表現できるように。

また、寝不足や疲れすぎの状態(寝かしつけのタイミングが遅い)になると、
大脳辺縁系が興奮状態になりギャン泣き

 

こうなると自分ではその興奮を沈めることができません。
欲求や興奮をコントロールする役目の脳(大脳前頭前野)が
発達するすのはまだちょっと先なんです★

<対策>

✔寝ぐずりが始まる前に、寝かしつけてあげましょう。
この頃の活動時間は約90~120分が目安。

✔心地よいと感じられるよう、眠気を感じたらスキンシップを。

<寝かしつけのポイント>

✔赤ちゃんが心地よい姿勢で寝かしつけを。
 体がねじれない「まんまる抱っこ」が大切。
縦抱きは首肩に負担がかかります。

落ち着ついたら、スキンシップを寝落ちるまで続ける必要はありません。

落ち着いたらお布団に置き、静かに手足を握り、
目を合わせないのがコツ。
お布団に置けなければ抱っこで寝てもOK!

 

この退行期は、2歳までの退行期の中で、一番変化が大きく、
敏感な時期が終われば、少しずつ安定してくるのが特徴です。

この退行期の間は、入眠の癖など気にせず、
眠くなりすぎない、疲れさせすぎず、
心地よい環境や体勢を作ってスムーズに入眠させるのが一番です。

快適な環境づくりや寝かしつけのタイミングや
ポイントなどなどご相談くださいね。