Column 睡眠のおはなし

睡眠退行期[番外]生後5ヶ月・6ヶ月 寝返り

「睡眠退行期」は2歳までに訪れる、それまでと睡眠パターンが変わったり、急に眠れなくなる(眠れないように感じる)時期を言います。

個人差で前後したり、退行の度合いはかなり変わりますが、大まかに3ヶ月ごとに睡眠のパターンが変わるようです。

  1. 生後3~4ヵ月
  2. 生後6ヵ月
  3. 生後9ヵ月
  4. 生後1歳
  5. 生後18ヵ月
  6. 生後24ヵ月

今日は、生後6ヶ月の退行期についてご紹介します。

「退行期」といっても、今回は[番外編]

眠りが浅くなるタイミングで寝返ってしまい「エーン、助けて~!」と泣いてしまう寝返りの時期の対処法です。

「夜中、寝返りで何度も起きる」はいつまで続く?

寝返りを習得する時は、とにかく自分の意志でコントロールできるようになるまで、ひたすら練習します。

きっと夢の中でも。

見ていると、ある姿勢になると、そこからはもうまるで自動的に「ヒョイ」っと寝返りまで動いてしまう感じがしませんか?

まだまだ自分の意志でコントロールがしきれていない状態です。

人間は新しい動きを学ぶとき、その動きを繰り返すことで、反射的な運動から始まり、しっかり「随意運動」として習得します。

眠りが浅くなりREM睡眠で夢を見たり、深い睡眠中でも夢の中でその動きを脳が練習すると、脳と筋肉のブロックが未熟な赤ちゃんは寝ているのに寝返って「びっくり!」

自分では戻れなくて泣いてしまうんですね。

なので、この動きは「随意運動」としてしっかり身体に定着すると自然に収まります。

日中の関わり方や個人差がありますが、2週間」くらいが目安です。

これ以上続くときは、寝返りをきっかけに、「入眠の癖」がついてしまった可能性が高くなります。

寝返ってしまう時の対処法は?

夜中寝返ってしまった時は、声をかけず静かに。

抱き上げてあやすのではなく、そっと頬に手を当て、ゴロンと寝返りがえりをさせてあげ、再眠させてあげてくださいね。

あくまで、ママは「寝返り返し」マシーン。

起こしたり、抱き上げて泣き止ますのは最小限にしてください。

大切なのは日中の関わり。

寝返りをしっかり習得すれば夜も起きない。
例え寝返っても自分で戻れれば単なる「寝相」。

練習あるのみ!

 

寝返りって夜中起きてしまうのは、寝返りがしっかりコントロールできるようになるまでです。

ですから、この寝返りをしっかり練習して、少しでも「随意運動」になるまでの時間を短縮しましょう。

まずは、頭を自分で下ろす練習

起きている時はママも腹ばいになりながら、まずは、頭を上げた状態からそっと自分で頭を下ろす練習を。

頬に手を当てて床におろす補助をしてあげます。

次は寝返りがえりの練習

腹ばいが疲れて泣き出す前に、「ゴロン」と声をかけながら、まずは肩をそっと床につけ、足をねじる状態からゆっくり仰向けに。
寝返りがえりの時の平衡感覚を慣れてもらいましょう。

この「ゴロン」の声掛けがとても大切です。

夜中、寝返ってしまった時にも、「ゴロンだよ~」の一言でゴロンでネンネ。

嘘のようですが、できるようになります~!

また、ママが長座に座り、足の上でころころ転がしたり、抱き上げる時にスーパーマンのようにコロンと返しながら抱き上げるのもいいですね。

「回転」の感覚に慣らしてあげるのも「寝返り」と早く習得するためのポイントになります

 

これだけはしないで!!

寝返って泣いてしまうからといって、
寝返りをさせないようクッションを置いたり
タオルなどで体を巻くいて対策などは、
絶対にやめてくださいね。

不意に寝返ってしまった時に窒息のリスクが高まります!

窒息を防ぐためには、

  1. 寝返っても口の部分が大きく沈みこまない硬いマットレス。
  2. 寝具を使わずスリーパーを着せシーツもしっかりマットレスに挟み込みます。

口の周りに布がかからないようにするのも大切です。

そして、しっかり自分で首を横に向けられるよう、繰り返しになりますが、日中の腹ばい運動と顔を横にする練習です。

睡眠の癖にならないようご注意!

この時期、寝返りを直すときに抱き上げたり、泣き止ますために授乳をしてしまうと、それが癖になってしまいます。

しっかり寝がえりができるようになったのに

寝返る→泣く→あやす→寝る

「入眠の癖」による夜泣きにつながってしまいますので、ご注意くださいね。

 

●「入眠の癖」の防ぎ方

●この時期から始める優しいネントレ

●生活リズムのつけ方

●寝返りと寝返りがえりを覚える遊び方

お伝えしています。お気軽にご相談ください★

「クイック電話相談」&「睡眠改善サポートプラン」のご利用がオススメです。